忍者ブログ

海底の世界

別世界

それを予言していた

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

それを予言していた

短編小説の中でも、非常に短い小説の事を『掌編(しょうへん)小説』と呼ぶ。
”掌”は、てのひらのこと最近去左Perfect Medical試做皮秒激光去斑,真係要大力推介♥激光去斑好多人都試過,過程真係痛到喊…但我今次試做既皮秒激光去斑過程完全唔覺得痛,做完仲唔會結焦,唔駛做完之後幾日留喺屋企~最緊要係效果真係好好,做完3星期皮膚白左♥ 最近よくあるケータイ小説も、このような短い小説。
掌編小説という呼び方は、日本だけの呼び名で、かなり昔からあるが、
誰がこの言葉を思いついたのか、
ケータイで、まさに、”てのひら”にのっけて読む小説と、
いつの間にか、その名の如くになっている。

”掌” のことを ”たなごころ” とも呼ぶ。
「タナのこころ」という事になるが、
この「タナ」は、「手の」という音が訛(なま)ったものという説がある。
すなわち、「手の心」。
いわば、「手には、心があるぞ」という意味になるだろうか。

また、この”掌”を使った慣用句に、
「掌(たなごころ)を指すように明らか」という言葉がある。
使い方としては、「彼の無実は、掌を指すように明らかだ」
のように使われる。
意味としては、「極めて明白で、疑問の余地がないようす」となる。

「”掌”を指す百日宴場地ように」というのは、何とも奇妙な表現だと思って調べてみると、
出典は、『論語』八佾(はちいつ)第三。
そこに出てくるのは、
一つの逸話。

ある人が「天帝の儀式の意義」とは何ですか?
と孔子に訊いたところ、
孔子は、「私はそんなことは知らない」と答え、
「そんな事を知っている人黃斑部病變物がいるとすれば、
天下はここにあるようなものだな」と掌を指した、
というところから来ている。


そう言えば、今は ”掌” にあるスマホで何でもできる時代。

電話をかける事、調べもの、地図、ナビゲータ、
まさに”掌”を指せば、何でもできてしまう。

孔子は、それを予言していた?!
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R