忍者ブログ

海底の世界

別世界

食べ、飲み、楽しもう。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. 無題

興味深いですね。イムホテムというのは知りませんが、イザヤと言う人も聖書で同じこと言っていますね。(イザヤ書22:13)

ただいまコメントを受けつけておりません。

食べ、飲み、楽しもう。

タイトルの後に「明日はないのだから」を付けると、エジプトの僧医イムホテムの格言になる。

 「食べ、飲み、楽しもう。明日はないのだから」 イムホテム

 古代エジプトの手術は、傷の縫合、骨折を治すなどの他、四肢を切断し、腫瘍の切断、焼灼など行い、剃刀のように鋭く研がれた黒曜石の道具を使って気管切開など高度の手術を行っていた。
 エジプトのミイラ製造は、そうした古代エジプトの医療の手術の高さに支えられていたことは周知の事である。また、その当時の人々にとって病気の発生原因が何なのかが分からないところから、医療が宗教的対象となっていた。
 医療は今でも信仰と伝統療法に依存している。

 古代エジプトの医療は、アシプと呼ばれる医療従事者で、軽い病気は霊によって引き起こされ、魔術で治すことが出来る。異なる階級の医者アスは、薬草の配合や、患部洗い清め、マッサージし、バルサムを塗って包帯をまく。アジスとアスは互いに助け合っていたという。
 
 現代医療でも中々出来ていない、精神医療と施術医療との複合治療が古代エジプトでなされていた。

 私が、癌を患い、入院・手術・術後治療で、心のケアは一度もなかった。ただ、担当医が、私が癌になったのは「運です!」という
一言が、現代のアシブの代わりを為したのだろうか…。

 病に気を煩わさず、「食べ、飲み、楽しもう。明日はないのだから」 イムホテム の一言は今でも生きている。
PR

コメント

1. 無題

興味深いですね。イムホテムというのは知りませんが、イザヤと言う人も聖書で同じこと言っていますね。(イザヤ書22:13)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R